基本情報技術者試験 | FE 必勝勉強法! 合格までの軌跡 資格・IT

こんにちはRyosanと申します。

この度、基本情報技術者の資格を無事に取ることができました。

そこで今回は、これをやれば受かる!という必勝勉強法を教えます。

おそらくこのやり方は他の資格や試験にも当てはまるものになってます。

合格までの詳しい軌跡も載せました。

それではどうぞ!

 

  目次

 

基本情報技術者試験の概要

 

試験は9:30~15:00で午前試験と午後試験に分かれます

 

【午前試験 9:30~12:00】

 4つの選択肢から1つを選ぶ択一式の基礎知識問題が全部で80問出題

 試験時間 : 2時間30分

 見直しも含めて一問約1分30秒で解く必要があります。

 出題範囲は以下のようになります

f:id:ryosanblog:20180615151151p:plain

 

【昼休憩 12:00~13:00】

 

【午後試験 13:00~15:30】

 長文やプログラムを読んで設問に答える問題が13問出題され、その内7問を選択

 選択肢は多肢択一式

 試験時間 : 2時間30分

 見直しも含めて一問約20分で解く必要があります。

 出題範囲は以下のようになります

f:id:ryosanblog:20180615152218p:plain

 

【合格点】

 午前午後それぞれで100点満点で60点を取れば合格

 平均点ではありません午前午後の両方が60点以上である必要があります

 しかし、これは逆に40点は落としても大丈夫ということを意味します

 

 それでは今回は午前問題に力を入れた対策を書いていきます!

 その理由は必勝勉強法!のところに後述します。

 

使った教材

 

まず僕が使った教材は以下の二つ

 

1.  キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者

こちらは参考書ですね

イラストが豊富で可愛く、かつ分かりやすそうだと思ったのでこれにしました。

結構分厚い(650ページくらい)ので持ち運びは大変。

ただ、僕は知識に全く自信がなかったので分かりやすさを求めてキタミ式にしました。

 

2.  かんたん合格 基本情報技術者過去問題集

こちらは過去問ですね

最新の過去の試験が4回分掲載されています。

過去問はどれでもいいかな〜と思ったんですが

答えの分かりやすさ、文字の大きさ、色合い、ペンギンのイラストで見て決めました

 

合格までの軌跡

 

それでは僕の合格の軌跡を見ていきましょう

今回は表にまとめました

 

f:id:ryosanblog:20180615131923p:plain

 

お気づきかもしれませんが、時間の無駄が多すぎる!!

2月の末に本当にほぼ全部忘れたので

9~12月まではほぼ無駄です。4ヶ月無駄に?アホすぎる。。。

特に何がいけなかったかというと

 ・参考書をダラダラやっていた

 ・ただ読んでいただけ

ダラダラやると時間が無駄なのは明らかですが

ただ読んでいただけ、これが一番よくなかった!

キタミ式の分かりやすさに依存してただ読んでわかった気になっていたんですね

人間の脳はそんなに甘くできてはいません

知識の定着に最も必要なのは、思い出そうとすること!なんですね

頑張って思い出そうとするから脳に深く定着する。これは既にいろんな研究からも証明されています。

4ヶ月ただダラダラ読んでいた!そりゃ忘れますわね・・・

 

そして、そろそろ試験が近づきヤバさを感じ3月に過去問に手をつけ出します

最初はきつかったです、なにせ参考書の知識がほとんど残ってなかったので

で、過去問の1周目をやっていてあることに気づきます

同じような問題が毎年出てる!

あ、これやったことあるっていうのがガンガン出てくるんですね。

なんとなくそんな傾向があるとは知ってましたが、ここまでかぶってるのは予想外でした

試験当日の感覚で言うと6割ぐらいは過去4回分で出ていた気がします

分からない問題は参考書で補完しました。過去問の回答だけだと理解しきれない時があるんですね。そんな時に分かりやすく解説してくれるキタミ式は本当に役に立ちました!

基本的な過去問の解き方はまず答えを見ずに考えてとりあえず答える。時間も測ります。僕は15問を10分でやってました。

丸付けをして、間違った問題、分からなかった問題、重要な問題にチェックを付けていき

二周目でチェックのある問題をガッーっと解いていく感じです。

そして、試験当日なんとか乗り切り、無事合格し達成感に溢れましたが

その時思ったのが、

「最初からガンガン過去問やればよかった!!」

これに付きます

どんだけ非効率なことをしてたんだと、、実感しました

 

必勝勉強法!

 

 結論

   過去問をガンガン解く!!

   分からない所は復習+参考書を見る!!

   参考書は分からない知識の補完用!!

 

これで必勝です。

特にこの試験は午前午後試験それぞれを6割以上取れば合格できます。

しかも午前の過去問とのかぶりがかなり多い。

これはもう過去問をやらない理由はありません。

そして、参考書を一から読むのもあまり意味はないです。

全く知識がない!超苦手!ってところは軽く目を通してもいいかもですが

時間はかけないこと、だらだらやらないこと!

できるだけ過去問をやりましょう!分からなければその都度見れば十分です。

 

【午後の対策はあまりいらない】

今回の勉強法はほとんど午前問題の勉強の内容でした。

なぜかというと午後問題は午前問題より非常に楽です。

理由は、必要な知識がほぼなく問題文をしっかり読めば解ける、というところにあります

必要だとすれば、概要で述べたプログラミング言語の中のどれか一つに対する知識くらいです

プログラミング言語の基礎知識は身につけておきましょう

個人的にはProgateがオススメです。

参考書を買うのもありだと思います。言語を選び、前もって準備を進めましょう!

あとは問題形式や時間に慣れるためにざっと過去問を1周解けば十分です。

 

「将来受けたい!」、「今の勉強法でいいのだろうか・・・」、という方々の参考になれば嬉しい限りです