【米津玄師】アルバム「diorama」 個人的おすすめ曲5つ!【感想・解釈】

最近、米津玄師にハマりだしたRyosanです。

今回は僕が一番好きなアルバム「diorama」のおすすめ曲を5つ紹介します!

かなり個人的なのでマイナーな曲もあります。

あと【ついリピートしちゃうところ】とかいう個人的な趣味も書いちゃいました😌

少しでも共感してくれたり、米津玄師に興味を持つきっかけになったりすれば嬉しいです。

それではどうぞ!

 

  目次

diorama

   ・   

   ・   ゴーゴー幽霊船

   ・   caribou

   ・   ディスコバルーン

   ・   首なし閑古鳥

まとめ

 

 

 

diorama

 

米津玄師の1枚目のオリジナルアルバム。2012年5月16日にインディーズレーベルBALLOOMから発売

アルバムは仮想の「街」をコンセプト。それぞれの曲はその街に関する物語である。

Wikipedia | diorama

 

以上がdioramaの概要になります。それでは曲を見ていきましょう!

 

街         歌詞全文

 

概要にもありましたこのアルバムのコンセプトにもなっている「街」

アルバムの最初の曲として収録されています。

歌詞では街の概観、そして「陰鬱な米津玄師」「君」という存在が登場します。

最初は暗く、悲しい、絶望感すらある中、最後に救いを見つける。

米津玄師らしい一曲になっています。

 

【ついリピートしちゃうところ】

・サビの最後の「ほぉら〜」のところ 声がカッコいい

・ラスサビ「意味なんてない退屈で美しいんだ」のところ サウンドが止まる盛り上がりが最高

 

 

ゴーゴー幽霊船         歌詞全文

 

公式のMVもあるので知ってる人も多いと思います。

まずタイトルに惹きつけられますね。

ゴーゴーがただのカタカナな感じもいいです。

(GO!GO!とかだったら子供向けのアニソンみたいになる)

内容ですが、米津玄師自身を歌った曲ですね。

米津さんは元々ハチというボカルPでめちゃくちゃ活躍してたんですね。

歌詞中に出てくるアンドロイドは初音ミクなどのボーカロイド。

米津玄師がハチ名義でボカロを投稿し始めた時の年齢が、おそらく17歳くらいということから

セブンティーンは米津玄師本人を表してると思ってます。

幽霊船はボカロPのハチとかボーカロイドなどを乗せた船。

米津玄師本人の姿は表に出ていないときの自分を幽霊と見ているのだと考えられます。

 

【ついリピートしちゃうところ】

・最初の「ポウンッ、ポウンッ」みたいなサウンド 癖になる

・二番のサビ終わりの「1.2.3.4.5.6.7.8」のカウントと切り替え 声とサウンド、両方カッコいい

 

 

caribou         歌詞全文

 

二人の人物が登場、片方は感情的な人間、もう片方は論理的な人間。

お互いの主張をぶつけ合い、険悪な喧嘩を繰り広げます。

歌詞の中で喧嘩を描く、、めっちゃ新しい、すごいですね。

 

曲名のcaribouは昔の米津玄師の幸せな日々という絵本が元みたいですね。

めちゃめちゃ深い話で20歳そこらで書いたとは思えません。

絵本のテーマは人の心について

主人公の鹿(カリブー)が相手の心を理解できなくなる様を描きながら、

心について解いていきます。

 

この曲caribouもお互いを理解しようとしない者同士の話ですね

最終的にお互いを傷つけあい、曲は終了します。

 

この曲のメッセージをどうとるかは難しいです。

僕は

・相手の心を理解することの優しさ

・人の心にある独りよがりな思いへの糾弾

かなと解釈しています。

 

【ついリピートしちゃうところ】

・サビ終わりの「二人はいよいよ宙に浮く言葉の弾丸が落ちていく」のところ 低音がカッコいい!

・「オバケは言うメメントモリ」 ゾクッとしますね メメントモリの意味は ぜひ調べてみてください

 

 

ディスコバルーン         歌詞全文

 

おそらくディスコはダンスフロア、バルーンはビニール風船を指しています。

歌詞の中ではビニール風船を中身が空っぽな人間に例えていますね。

ダンスホールは限定的な場所ではなく、おそらく世の中。

世の中を「空っぽな奴らが踊ってる場所」と捉えています。

 

「何も知らない夢のまま死んでいけたら幸せだ」

この歌詞は空っぽな奴らに対しての言葉だと解釈しています。

お前の空っぽさ、愚かさに気づかないで死んでいけたら、幸せでしょうね

といった

米津玄師の憤りが思い切り吐き出されている曲だと感じました。

ただ、もう一つ解釈もあって、米津玄師はこんな風に憤りを感じているけど

空っぽな奴らはそんな事知りもせず幸せそうだ、

もし自分もあっち側の人間だったら幸せだろう

そんな風にも解釈できます。

 

【ついリピートしちゃうところ】

・一番のところ「安価な作りのビニール風船ばかりいる」 の低音がもう。。。超いい

・二番のサビ終わりのサウンド 最高にカッコいい、必聴です

 

 

首なし閑古鳥         歌詞全文

 

読み方は「くびなしかんこどり」、かんこどりは鳥ですね。

首のない鳥、強烈なタイトルです。

閑古鳥は「カッコウ」とも読めますが、

収録曲「vivi」で「かんこどり」と読んでいたのでそこから判断しました。

 

歌詞の中では首のない鳥が自分の容姿への劣等感を感じていたり、

周りに馬鹿にされたりする情景が描写されます。

察しの良い方はお分かりかもしれないですが、

首なし閑古鳥は米津玄師自身を表しているのだと思われます。

 

米津さんは身長が188cmあったり、

かなり前髪を伸ばしていたり。

容姿は非常に特徴的です。

なにか容姿に対しての嫌悪感やコンプレックス

周りからの冷やかしが過去にあったのかもしれませんね。

 

この曲の結論は、

身体的な問題はあるけど、心だけはあなたと同じで、

それだけで十分さ、という感じでまとめられています。

 

あなたは誰を指してるのでしょうか、

大事な人か、それとも一般的な人と同じという意味なのか

解釈は色々ありそうですね。

 

「愛されたいのは悲しくなるから見つめていたくは無いけれど」

という歌詞からおそらく愛する誰かを指していると僕は思いました。

 

【ついリピートしちゃうところ】

・「やいやい」のところとその後の「笑って見せてみろよ」のところ 声が米津玄師らしさが出てる(言いたいこと分かるかな?(笑))

・二番のサビ終わりの「らららららららら、らららーららら」 ここ超好き、カッコいい(文字じゃ全然分からないですよね(笑)、ぜひ聞いてみてください)

 

 

まとめ

 

今回は以上でございます

共感できた!とか、なんでこの曲がないんだ!

と熱く語ってくれる人がいたら嬉しい限りです。

 

今書いていない曲もいずれ書く可能性もあります。

特に最近は「vivi」、「あめふり婦人」、「心像放映」がかなり来てます。

解釈ができ次第追記するかも。

 

米津玄師は最近聴き始めたんですが人気出る理由は本当に分かりますね!

歌詞、サウンド、どれを取っても惹きつけられる!

僕は好きな曲を決めるってなるとまずサウンドから入って、

最終的に歌詞を一番重視するのですが、

米津玄師は両方ドンピシャです。

世界観が独特でたまらない!

 

ちなみに、僕は米津玄師にハマる前はRadwimpsに超ハマってました。

Radwimps好きな人、米津玄師も好きになる説はありますね。

米津さん自身もRadwimpsを尊敬して、影響を受けているみたいです。

(この記事で語られてます)

いつか検証したいですね〜

 

それでは今日はこの辺で