ローラさんの1000万寄付についての世論がひどい

けんすうさんのこんなツイートがありました。

 

この記事ですね。

www.zakzak.co.jp

 

記事読みましたが、いやーーーー、ひどいですね。。

ローラさんがユニセフに1000万寄付したことに対して、

世論として、

「セレブ気取り」「ほかにやることがあるのでは」

っていう批判があるらしいです。

 

「セレブ気取り」って、、、

偽善者が!!みたいに思ってるんですかね?

てか、もしたとえ偽善だったとしても寄付したことは素晴らしいことじゃないですか?

 

「ほかにやることがあるのでは」って、、、

具体例も挙げずよくこの意見採用しましたよね 笑

文句を絞り出そうとした結果がよく出てると思います。

 

これ書いた人はどうゆう意図で書いたんでしょうかね?

単に世論を広めたいにしては最後に、「いったい、どこに行ってしまうのだろう。」

とか自分の意見書いてますし。

どこに行くってなんですか 笑

よく聞くセリフですけど、この記事を書いた人はローラさんがどこかに行ってしまうと思ってるみたいです。

ユニセフに寄付したんですよお金を、それでどこか行くって、、

ローラさんのいままでのキャラと違うとか書いてありますけど、いままでじゃあ社会活動に興味ない人間に見えてたってことですかね?

確かにあのキャラですからそんな積極的にメディアで言わないでしょうけど、別に考えていたって全く不思議じゃありません。

世論を広めたい!ってだけならまだ分かるんですが、記事自体も世論側な感じがしましたね。。

ここまで嫉妬してヤイヤイ言う世の中はなんか悲しいです。