【参考書・オススメ】新人君!RPGの世界でJavaを学ぼう 【初心者でも分かりやすい!】

こんにちはRyosanです

本日はこちら!

 

「新人君!RPGの世界でJavaを学ぼう」というJavaの参考書をご紹介します。

全くのJava初心者だった僕でもすんなり理解でき、楽しんで読むことができた参考書です。

Javaの参考書はホントにたくさんあるのですが、その中でも変わった本書にはすぐに目を惹かれました。

「これからJavaを勉強したいんだけど参考書どうしよう、、、」という方、

「さらに知識を深めたい!」という方にぜひオススメです。

それでは、本書のオススメポイントをまとめていきます。

 

新卒コース

 

  目次

 

登場人物は

・Java初心者の主人公

・Java経験者の女性、主人公と同期 (ツンデレ)

・Java経験者の男性、主人公の先輩

 

ストーリーの流れとしては、まず、普通のサラリーマンだった主人公が突然RPGの世界に飛ばされます。なので登場人物にサラリーマン時代の同期や先輩がいるわけですね。

RPGの世界で主人公は王様によって魔王を倒す使命を任されます。しかしRPGの世界は全てJavaで作られており、武器やレベルを上げるにはJavaの知識がなければ魔王を倒すことはできません

しかし、全くのJava初心者である主人公は何をどうすればいいのかが分からず困惑します。そこへ同期の女性や先輩が現れ、主人公に魔王と戦えるだけのJavaのスキルを身につけさせていきます。

本書では読者がこの主人公の目線になってJavaの学習をすることになります。

 

タイトルで勘違いされる方もいると思いますが、本書はRPGを作るというものではないです。

あくまでRPGの世界という設定の中でJavaの知識を学んで生きます。

一般的な参考書だとただ単に説明があるだけで退屈だったりするのですが、本書はイラストも豊富でしかもストーリー性があるので読んでいて飽きません

基本的に主人公たちの会話形式で進行するので、説明にユーモアがあるのも魅力の一つになっています。同期の女性がツンデレキャラなのが面白いですね 笑、Java関係ないやん!って場面もちょいちょい出てきます 笑

 

 丁寧な解説!

 基本的に会話形式で進行するのですが、主人公が読者がつまずくであろう疑問を抱き、それに対する解説も丁寧なので、細かい疑問もしっかりと解決してくれます。

 基本的には同期の女性が、ちょいちょい主人公や先輩を褒めたり馬鹿にしたりしつつ解説します 笑

 なんだかんだ説明は丁寧で優しいのでユーモアもあって楽しく読むことができます。

 

 豊富な演習問題!

Javaの開発環境かの設定から、変数や演算などの基礎知識はもちろん、オブジェクト指向、継承、インターフェース、APIなどなど、Javaの知識を隅々まで網羅しています。

そして、そのそれぞれに対して演習問題が課されます。

流れとしては、

知識の具体的な説明 → 実際のプログラム例、実行例 → 演習問題

という感じです。

演習問題は合計で32問ありますが、どれも知識の習得に有効な問題ばかりです。

ちなみに問題の内容はRPGに沿っているので、主人公の体力や攻撃力を設定したり、武器や敵キャラ、バトルシーンの設定をしたりといったものになります。

ちゃんとストーリーに沿ったゲーム的な演習問題なので楽しく解くことができます

RPGを作るという内容ではないですが、本書を読めば、ある程度、JavaでRPGの基礎的な部分は作れるようになります。

 

まとめ

楽しくJavaを学びたい!という方に非常にオススメです。

いろんな参考書がある中で本書は一つだけ異質ですね 笑。

こんな面白い参考書があるのか!と初めて見た時驚いたのをよく覚えています。

「堅苦しい参考書はとっつきづらいな〜」

「参考書が多すぎてどれにすればいいか分からない、、、」という方

ぜひ本書をどうぞ、参考書の常識が変わります