【ピッコマ】「監獄実験-プリズンラボ-」| 地獄の復讐ゲーム【無料・感想・ネタバレあり】

こんにちはRyosanです。

今回はマンガアプリ「ピッコマ」から、

「監獄実験-プリズンラボ-」という、またなかなかに怪しい臭いがするマンガを読んだのでご紹介します。

ピッコマ
ピッコマ
開発元:Kakao Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

それではあらすじから見ていきましょう。

 

【監獄実験-プリズンラボ-】 貫徹, 水瀬チホ

あらすじ

夏休み前最後の登校日、理不尽ないじめの日々に絶望する高校生・江山藍都のもとに、奇妙な手紙が届いた。それは、誰でも好きな相手を、1か月間監禁できるという「監禁ゲーム」への招待状だった。期間中、監禁相手に対しては殺す以外の何をしても許されるうえ、相手に名前さえバレなければ大金も手に入れられるという。監禁相手に、いじめの首謀者・桐島彩を指名した江山。少年の復讐劇が始まる!

ピッコマ| 監獄実験-プリズンラボ

 

 

感想

 

まず思ったのは、ひさびさにガッツリ復讐するマンガを見た!ということです。

いじめられっ子の主人公「江山藍都」いじめの首謀者「桐島彩」に復讐する監禁実験に参加するという、一見、非常にありがちなストーリー。

長年いじめられ続けた主人公の復讐物語が、さぞ爽快感と共に描かれるのだろう!

なんて風に思ってました。

 

しかし、、、 この監獄実験の設定、、そして主人公の変貌ぶりが、ちょっとえげつないんです。

 

監獄実験のルールを簡単に説明すると、

「決められた期間中、監禁者は監禁相手に対して基本何をしてもいい。しかし、一週間ごとに行われる名前当てゲームで監禁相手に名前を当てられてしまったら即監禁は終了。多額の金を請求されることになります。」

名前を当てられたら終了の監禁ゲーム、、、

監禁者は仮面をつけて正体がバレないようにしなければいけません。

 

内気な江山藍都はとにかく細心の注意を払って桐島彩への復讐を考えるのですが、、

そこはやはりいじめられっ子、気が強いです。

江山が手を出そうとした瞬間、江山の小指を喰いちぎります、、、

 

江山は絶叫、、圧倒的に有利な立場にも関わらず桐島に再び恐怖を覚えるのですが、、

この出来事をキッカケに江山が豹変します。

この豹変具合が本当に恐ろしいです。ここまで人は変われるものなのか?という感じで、桐島に対して容赦のない復讐を行います。

まずは容赦なくハンマーで顔を一発殴り、、 その後、まさかの仮面をとり、桐島の前に素顔を露わにします。。。

この展開はゾクッとしました。。

なぜなら、顔を見せた江山が名前を当てられないために取る行動は一つしかないからです。。

察しのいい方は気づいたかと思います。

ぜひ、実際に読んで確かめてみて下さい。

 

しっかし、あまりの豹変ぶりに驚きます。何か過去にあったのでしょうか?

今後明かされる主人公の設定にも繋がってきそうですね。

 

そして監獄ゲームの内容が、これまた一捻りあってなかなか目が離せません。

最初は単純に監禁相手への復讐ゲームだと思っていたのですが、

物語が進むにつれて、ゲームのある設定が監獄実験の首謀者によって追加されます。

その設定とは、、、

「監禁者同士の戦い」

実は監禁者は江山だけではなく他にも作中では、

上司に恨みを持つ女「三崎由乃」、そして入院中の娘を助けたい男「勝又誠司」の2人が登場します。

監禁者同士の戦いでは、なんと監禁者は自らの監禁相手と協力して戦いを勝ち抜かなければなりません。

内容は「他の監禁者の監禁相手の情報を聞き出すこと」、聞き出せた情報の数に応じて、報酬と罰が与えられます。

監禁相手と協力して情報を与えないようにしたいのですが、江山の監禁相手はかつて自分をいじめていた女、、

いったい主人公がどのような手を使って桐島に協力させるのか、、、

そして主人公は他の監禁者に対してどのような行動を取るのか、、、

この辺り非常に注目して読んでいきたいです。

 

主人公の成長?と監禁者達、そして監獄実験の首謀者達の思惑が交錯する、非常に新しい、緊張感のある本作。

今後の展開に期待大です。

 

 

本作はピッコマで毎日無料で読めます。この機会にぜひどうぞ

ピッコマ
ピッコマ
開発元:Kakao Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ