【マンガUP!】「魔女に与える鉄槌」拷問が魔女を生む、新感覚バトルマンガ【無料・あらすじ・感想】

こんにちはRyosanです。

今回は最近広告でもよく見る。

「魔女に与える鉄鎚」を読んだので、感想と一緒にご紹介します。

魔女に与える鉄鎚

あらすじ

聖都セゴールでは、カトリア教会による「魔女狩り」が横行していた。 「魔女狩り」と称して罪のない少女を拷問し殺すことは、逆に魔女を生み出してしまう悪魔の所業であった…。魔女を生み出さないために教会から派遣された 「炎の魔女」ドミノの過酷な戦いが始まる!!

ガンガンJOKER|魔女に与える鉄鎚

 

「魔女狩り」という言葉はご存知でしょうか??

魔女は悪、民衆を欺く少女は魔女である。

というような思想を元に作り挙げられた制度です。

非常に理不尽な思想で、なんの罪もない少女を魔女と決めつけ処刑します。

方法として火刑や晒し形など、かなりの残虐性も持っています。

 

昔のヨーロッパでは本当にあったみたいですね。

完全なる宗教による洗脳と集団ヒステリーが産んだ最悪の儀式です。

本作ではそんな魔女狩りが盛んに行われる世界を舞台に、

魔女狩りで拷問され殺された少女が魔女になり、世界に復讐する物語を描いています。

 

 

  目次

 

様々な拷問

 

本作では様々な魔女が登場します。

そして魔女は拷問によって生まれるわけですから、様々な拷問が登場します。

拷問付きにはたまりませんね(いるか分かりませんが)。

 

作中に登場するのは例えば、苦悩の梨、ペロリスの牛、頭蓋骨粉砕機、鉄の処女などなど、、

名前だけで恐ろしいものもあれば、一見何に使うか分からないものまでよりどりみどりです。

どれも人の残虐性が産んだとんでもない処刑方法です。。

個人的に

「象刑」

が一番嫌でしたね。。。

象に踏み潰せれる処刑法なんですが、なんか他の拷問とは少し質が違います。。

人工的に作り出した道具でもないですし、人の手によって殺されるわけでもない、、

ただ象に踏み潰されるのを待つ、、象が近づいてきた時の恐怖を想像したら、、、怖すぎる。。

本作の設定として生前の拷問・処刑による苦痛や絶望が大きいほど強い魔女が生まれる、というものがあります。

そして「象刑」の魔女はとんでもなく強いです。

「象刑」以外にも色々なことがあったわけですが、この設定が「象形」が民衆に与えた恐怖の大きさを表しているのだと思います。

 

斬新で派手なバトル

 

拷問によって死んだ魔女たちは皆能力を持っており、それらは拷問の種類によって決定します。

例えば火刑であれば火を操る能力、ペロリスの牛なら実際にペロリスの牛を操り閉じ込める能力(どちらも主人公の能力です。)

前述した「象刑」であれば超高圧で相手を潰す能力など。

常にいろんな能力によるバラエティにとんだバトルが繰り広げられるわけです。

 

拷問器具を駆使して戦う姿は本当に斬新で、いままで出会ったことのないバトルシーンを見せてくれます。

派手なアクションが好きな方は必見です。

 

作中では異端審問会との戦い、魔女同士の戦い、など色んな人間関係によって様々なバトルが繰り広げられます。

主人公の願いは魔女狩りを産んだこの世の宗教を殲滅すること。

はたして主人公は過酷な戦いの中でその願いを叶えることができるのか。

 

すでに完結してるおり、マンガUP!では全話公開されてます。

全16話構成なのでサクサク読めます。

ぜひこの機会にインストールしてみてください。

マンガUP!
マンガUP!
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted withアプリーチ

 

そして、「魔女に与える鉄鎚」のような残虐性をもつ作品として「たとえ灰になっても」という作品があります。

マンガUP!の大人気作品であり。個人的にも一番の期待作です。ぜひこちらの記事もどうぞ。

www.ryosanblog.org

 

マンガUP!の個人的なオススメマンガがこちら!

マンガUP!の使い方とかも書いてるんでぜひどうぞ

www.ryosanblog.org

 

それではこれからも良きマンガライフを送りましょう〜!