【書評】目からウロコの食の常識「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」が超面白い【レビュー・感想】

 

こんにちはRyosanです。

この本はTwitterで知りまして、いろんな方が面白いと言っていたので手に取ったのですが。

めちゃくちゃ面白いです

みなさん食の常識を持っているかと思うんですが、

本書はそれらを綿密な研究と分析によってことごとく塗り替えていきます。

本当に最初から最後まで目が離せない内容です。

今回はそんな本書から、僕が特に気になったところを厳選して紹介します

 

   目次

 

はじめに

 

本書ではメタ分析で導かれた結論を元に解説が行われます

 

f:id:ryosanblog:20180621113030p:plain「メタ分析って?」

 

メタ分析とは

「複数の研究結果を取りまとめた研究手法」 です

 

簡単に例を出すと

ある食品の効果を調べたいとき、

その食品に関する論文をたくさん集めます、

そして内容を検討・比較して

 

f:id:ryosanblog:20180620115142p:plainいろんな論文でこんな風に言われてるよ、ならこの食品にはこんな効果があるんだね」

 

 と結論付けるって感じの分析です。

メタ分析の質は元の論文の質に影響されますが、本書ではもちろん信頼に足る論文を選んでいるのでご心配なく

つまり本書の内容は間違いなく現状最も正しいと思われる食事法です。

それからエビデンスという言葉も出てきますがこれは「証拠」という意味です。

論文で結果が証明されてるならエビデンスがある、されてないならエビデンスがない、という感じです。

 

それでは、僕が特に気になったところを中心にまとめていきます

 

 

成分ではなく食品を見よ!

 

本書でなんども強調されていることです。

よくβカロテンやリコピンは健康に良い!なんて聞きますが

これはあまりよくない考え方です。

健康面に気を使うなら、成分ではなく食品を重要視すべきです。

また、ある大学は

食品中の成分に気を取られすぎて本当に健康な食品の摂取をしなくなっている」

とも言っています。

本書では成分はマーケティングに使われているとも言われています。

βカロテンやリコピンのような成分を強調するような場合は少し注意が必要です。

実際、βカロテンやリコピンが健康に良いというエビデンスはありません。

βカロテンに至ってはガンのリスクを上げるとさえ考えられています。

このように、成分だけで見るのは危険です。

必ず、食品で見るように心がけましょう!

 

 

玄米は太らない!!

 

よく、「糖質制限ダイエット」とかいって炭水化物を抜かなきゃ!って人がいますが

これ、超ナンセンスです

大事なのは食品です、炭水化物だからダメ?そんなことはありません

基本的に太る炭水化物は白い炭水化物と言われる精製された炭水化物です

みなさんご存知、白米ですね

白米は精製されることで食物繊維がなくっているので糖分の吸収が激しいです

本書では白米と砂糖はほぼ同じものだとも書かれているほどです

 

じゃあ何を食べればいいの?

答え茶色い炭水化物と呼ばれるものです

代表的なのが玄米ですね

茶色い炭水化物は精製されていません

なので食物繊維が豊富で糖分の吸収を緩やかに出来るんです

 

ということで、白米などの白い炭水化物は太ります、これには数多くのエビデンスが存在します

ところが、茶色い炭水化物は太らないどころか、今後痩せる効果が見つかる可能性すらあります(現在は増えるエビデンスはないが、減るエビデンスもない)

また、茶色い炭水化物には数多くの病気を予防してくれます

予防できるものとして、心筋梗塞・脳卒中・動脈硬化・糖尿病が挙げられます 

これらにも数多くの有効なエビデンスが存在します

 

というわけで、「糖質制限ダイエット」で炭水化物を我慢しているという方、また、健康面に気を使った食事がしたい!という方、ぜひ白米を玄米に置き換えてみてください

体調が改善し健康になった実感を得られるでしょう

 

しかしここで一つ問題があります

玄米が健康に良いことはお分かりいただけたと思います

では何が問題か、、それはです

僕はこの本を読んでから玄米に切り替えましたが、とにかくあまり美味しくなかった

白米と比べてふっくらした柔らかさがない上に臭いが独特なんです

これがみなさんが玄米に切り替えられない理由の一つだと思います

そこで、僕がオススメしたいのは「なでしこ健康生活」の炊飯器です

いろんな雑誌でも紹介されているのでご存知の方もいるかもしれないですが

この炊飯器で炊いた玄米がめちゃくちゃ美味いです

白米並みの柔らかさに加えて玄米の独特な臭いも消してくれます

いわゆる発芽玄米というのを作ってくれるんですね、これが玄米の長所だけを取り入れた米でめちゃくちゃ美味いです

これから玄米に切り替える方はもちろん、すでに玄米を食べているという方にもぜひオススメです

 

玄米・発芽玄米も短時間に美味しく炊けます!圧力炊飯器なら【なでしこ健康生活】

 

 

果物は糖尿病のリスクを下げる!

 

意外!と思った方もいるかもしれません

果物はめちゃめちゃ健康に良いです

果物のメリットとして、

糖尿病のリスクを下げる!心筋梗塞や脳卒中のリスクを下げる! 

というものがあります

基本的に食べれば食べるほどリスクは下がります( 385g~400g あたりで効果はなくなってくる )

ただし!フルーツジュースとメロンには注意が必要です

フルーツジュースは果糖が多く糖尿病のリスクが高まり、メロンもリスクが高まるという論文が出ています

これには結構ショックでした、、フルーツジュースは好きでガンガン飲んでいたので笑

ただ、濃縮還元と成分に書いてなければ大丈夫な可能性もあります。まぁ生の果物が一番良いですが。

 

それでは話を戻し、

最も糖尿病のリスクを下げる果物ベスト3を紹介します

それは、

 

1位ブルーベリー

2位ブドウ

3位プルーン

 

中でもブルーベリーはダントツで効果があります

摂取によって25%ほど糖尿病のリスクが下がると考えられています

 

 

最後に

 

あなたの常識は覆りましたか?色々書きましたがこれは本の一部でしかないです

本書では上記以外にも

・不動の「本当に健康に良い食品」5つ

・牛肉・豚肉・鶏肉、本当に健康に良いのはどれ?

・絶大な効果を持つ「地中海食」

 

などなど面白い内容が非常に読みやすくまとまっています。

新たな食の常識が次々登場するのでずっとワクワクです

興味を持った方はぜひどうぞ

 

 

さて、白米が好きだ!フルーツジュース・メロンが好きだ!という方には少しショックな内容だったかもしれません。

本書では食による幸せと健康は常に天秤にかけるべきだと書かれています

マジかーっと、まぁ確かにそれもあると思います

しかし、今は「なでしこ健康生活」の炊飯器のような便利な家電もあります

また、この記事でも書いてますが

 

www.ryosanblog.org

 

食の幸せは自分の中の食の標準との差!だと僕は思ってます

実際僕は玄米に切り替えてからたまに食べる白米が美味しくてしょうがないです

せっかくの人生、健康ばかりに気を使っても、幸せじゃなきゃしょうがないですよね

幸せと健康をバランスよく保ち、楽しく生きていきましょう!