【少年ジャンプ+】「湿度が高すぎる」罪を背負って生きる【無料・夏の読切祭・感想】

こんにちはマンガアプリ大好きRyosanです。

今回はアプリ「少年ジャンプ+」です。

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ
少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

そして、現在、夏の読切祭14連弾!というのがアプリで開催中です!

ということで、今回はその中から、

「湿度が高すぎる」という作品についてご紹介します。

 

「湿度が高すぎる」 村肝篤仁

あらすじ

“怪獣”の上陸が日常となった日本—。部数減少に悩む怪獣雑誌「月刊 怪獣のクニ」の記者・文子は編集長に命じられ、ある“画家”を取材するが—!?

少年ジャンプ+|湿度が高すぎる

 

感想

 

テーマは「罪」そして「生きる」ことだと感じました。

内容はすごく暗いです。

舞台は霧の街。霧によって病気をまきちらす「蟲」が発生しています。

主人公は体に組み込まれた火炎放射器を使って仲間と一緒に「蟲」を殺す仕事をしています。

 

主人公には「ある過去」があります。

過去の描写は少なめで読者側の解釈に委ねられる部分もありますが、

とにかく主人公は自分の過去に大きな罪の意識を感じています。

 

そのことから、主人公は生きる気力がありません。

自分の罪を償いたい、罰を受けるなら最も大きい罰を受けたい。

そんな風に思いながらも淡々と「蟲」を殺します。

 

しかし、物語中盤で過去に関係のある、「少女」が現れ、少しずつ話は違う方向へと進んでいきます。

 

罪を背負って生きること

「生きる」ということを暗いテーマの元に新しい視点で描いています。

 

非常に暗くて、ある意味ジャンプっぽくはないですが、

一つの哲学的なテーマとしてすごく楽しく読めました。

ぜひ、一読を、すごく考えさせられます。

 

夏の読切祭14連弾のまとめ記事です。

こちらもぜひどうぞ

www.ryosanblog.org

 

さて、今回は以上でございます。ここまで読んでいただきありがとうございました。

少年ジャンプ+の作品は名作ばかりです。

今後もガンガン紹介していきたいと思ってますので乞うご期待!

それでは!!

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ
少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ